第一回全統記述模試の成績

f:id:aida_climb:20200710084256j:image

第一回全統記述模試の成績表が模試ナビにて確認できましたのでご報告申し上げます。

 

自宅受験ではなく会場で受験した模試です。

結果

f:id:aida_climb:20200710084445j:image

自己採点 480/600

実際の得点  465/600

自己採点とのずれ -15(-2.5%)

判定

下位旧六医 B

上位旧六医 C

下位国立医 B・C

感想

概ね自己採点通りの結果でした。

 

物理だけは自己採点から10点も下がっていましたが、記号を書き間違えていたり、単に自己採点での計算ミスでした。

 

合計点は去年よりも30点ほど高かったのですが、あまり良い判定は出ませんでした。

 

どうやら噂によると、会場受験の受験生よりも自宅受験の受験生の方がなぜだか(?)得点率が高くなる傾向があるらしく、その影響もあるのかもしれません。

 

ドッキング判定でもA判定は一つもありませんでした。

 

マーク式と記述式の両方で、大きな失敗を犯すことなく全科目で平均を大きく上回る結果を出さなければいけないということとその難しさを改めて痛感しました。

 

前回のマーク式を含めた今回の第一回全統模試においては、まずマーク式の方で数①・物理で大きく失点し、記述の方でも物理で大きく失点しました。

 

2つの模試で大きな失敗を重ねているようでは医学部受験生として失格です。

 

これからはまた、勉強不足分を補う基本的なところから勉強をしなければなりません。

 

その勉強の遥か先にある、他の受験生に差をつけるための勉強をする時期はまだまだやってきそうにないです。

 

次の模試は駿台のオンライン模試を挟んで第二回全統共通テスト模試です。

 

Z会 で無料資料請求をすると今なら
『共通テスト対策問題集』
『東大入試徹底解剖 2020』
『京大入試徹底解剖 2020』がもらえます!

未だに情報が少なく貴重な『共通テスト対策問題集』や2020年度の京大入試問題を見事に的中させた信頼と実績のあるZ会 の『東大・京大入試の研究・戦略冊子』が無料で手に入るので是非とも手元に置いておきたいですね。

まずは無料の資料請求をしてみましょう↓

 

以下の有名参考書を執筆した実力派講師を贅沢に揃えた『学研プライムゼミ 』でそこらの予備校では到底敵わない質の高い授業が、会員登録をするだけで全ての講座を無料体験できます。

各科目の基礎力を固めるには市販の問題集等に取り組む前にまず質の高い授業を受けておくと、理解度・進捗度が段違いです。
授業動画であればベッドに寝転びながらでも暇があれば気楽に受けられます。
ただ、無駄の多い授業を受けても時間の無駄になる可能性も高く、その点『学研プライムゼミ 』であれば各教科に有名講師を取り揃え、有名参考書を執筆した講師陣による質の高いテキストを使っているので安心して授業を受けることができます。

今なら会員登録をするだけで全ての講座の1講座が無料で体験できます。 その数は100講座以上になります。
まずは無料会員登録や資料請求をして一流の講師の授業が一体どのようなものか体験してみましょう。

竹岡広信[英語] 歯に衣着せぬ物言いと切れ味鋭い切り込みで英語に悩む受験生の疑問を氷解、受験生に限らず多くの英語学習者に慕われる、受験生定番『ドラゴンイングリッシュ』『英文熟考』『入門英文問題精講』の著者
池上和裕[現代文] 体系化され普遍的な現代文読解法を分かりやすく説明し、知る人ぞ知る名著である『短文からはじめる現代文読解』『センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本』の著者
荻野文子[古文] coming soon
鎌田真彰[化学] coming soon
橋爪健作[化学] coming soon
石川晶康[日本史] coming soon
野島博之[日本史] coming soon
村瀬哲史[地理] coming soon