青チャートの例題を終わらせた感想・他【週末反省会|6月第3週】

f:id:aida_climb:20200622114708p:image

 

これからその週にやったことや反省を週末に書き連ねたいと思います。

 

月間で反省はすでにやっていますが、少し間の期間が長すぎるような気がしていましたので良い機会にしたいです。

勉強時間

不明(次回から計測します)

勉強内容

  • 青チャートA(場合の数・確率・整数)
  • 青チャート3(微分・積分)
  • 単語王(200語)

自己評価(100点満点)

25点

生活・勉強反省

第一回全統記述模試が終わった直後は、次の進研記述模試まで約1ヶ月あるから余裕だなと意気揚々に思っていました。

 

しかし、気がつくと莫大な時間を無為に消費するだけの日々が過ぎ、思うように勉強が進みませんでした。

 

次週に向けて、まずだらしない生活を改善します。

 

今は机に向かって座っている時間が少な過ぎます。

 

4月までは塾が短縮営業していることもあって、早寝早起きの習慣が身についていたのですが、最近は乱れ気味です。

 

悪い習慣の定着は一瞬、良い習慣の継続は一生かかるということを身をもって体感しております。

 

悪い習慣がついていると、良い習慣がついていた頃と同じ時間分寝ているのに、朝起きたときに体がキツかったりします。

 

良い習慣を身につける最初の段階が一番大変ですが、次週はそれを乗り越える週にしたいと思います。

 

 

勉強面の反省は、青チャートの例題が大体終わりました。

 

青チャートの特に数3の最後の方は解答・解説をうまく飲み込めず、苦労しました。

 

もう一度最初の参考書を選ぶ機会があれば、絶対に青チャートは選びません。

 

もう乗り掛かった船なので最後までやりましたが、基礎から標準レベルの問題ですら解説に疑問が残るということは本来あってはならないことです。

 

一方で、青チャートをお気に召す受験生がいるわけもなんとなくわかりました。

 

解説が簡素なので、それを読み解くときに結構頭を使います。

 

その過程のおかげで数学の能力が上がる方もいらっしゃるのかもしれません。

 

よって、ある程度基礎のある受験生には簡素な解説がむしろ利点になるということが、青チャートが長らく愛されてきた理由の一つなのでしょう。

 

英語は、以前使用していた単語王をやり直し始めましたが、ほとんど忘れていたため、予想をしたいたよりもとても時間がかかりました。

 

そのせいで勉強計画を大幅に修正する羽目になりました。

 

今月の参考書リストに書いていた、イディオムマスター・パラグラフリーディングのストラテジー・英文熟考は多分できません。

 

他にもやってみることで計画を修正する必要のあるものが出てきそうで末恐ろしいです。

 

そのための勉強計画でもあるんですが、少し面倒です。

 

Z会 で無料資料請求をすると今なら
『共通テスト対策問題集』
『東大入試徹底解剖 2020』
『京大入試徹底解剖 2020』がもらえます!

未だに情報が少なく貴重な『共通テスト対策問題集』や2020年度の京大入試問題を見事に的中させた信頼と実績のあるZ会 の『東大・京大入試の研究・戦略冊子』が無料で手に入るので是非とも手元に置いておきたいですね。

まずは無料の資料請求をしてみましょう↓

 

以下の有名参考書を執筆した実力派講師を贅沢に揃えた『学研プライムゼミ 』でそこらの予備校では到底敵わない質の高い授業が、会員登録をするだけで全ての講座を無料体験できます。

各科目の基礎力を固めるには市販の問題集等に取り組む前にまず質の高い授業を受けておくと、理解度・進捗度が段違いです。
授業動画であればベッドに寝転びながらでも暇があれば気楽に受けられます。
ただ、無駄の多い授業を受けても時間の無駄になる可能性も高く、その点『学研プライムゼミ 』であれば各教科に有名講師を取り揃え、有名参考書を執筆した講師陣による質の高いテキストを使っているので安心して授業を受けることができます。

今なら会員登録をするだけで全ての講座の1講座が無料で体験できます。 その数は100講座以上になります。
まずは無料会員登録や資料請求をして一流の講師の授業が一体どのようなものか体験してみましょう。

竹岡広信[英語] 歯に衣着せぬ物言いと切れ味鋭い切り込みで英語に悩む受験生の疑問を氷解、受験生に限らず多くの英語学習者に慕われる、受験生定番『ドラゴンイングリッシュ』『英文熟考』『入門英文問題精講』の著者
池上和裕[現代文] 体系化され普遍的な現代文読解法を分かりやすく説明し、知る人ぞ知る名著である『短文からはじめる現代文読解』『センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本』の著者
荻野文子[古文] coming soon
鎌田真彰[化学] coming soon
橋爪健作[化学] coming soon
石川晶康[日本史] coming soon
野島博之[日本史] coming soon
村瀬哲史[地理] coming soon