東進の全国統一医学部テスト(模試)を受けてみた

f:id:aida_climb:20190624183252j:image

 

なんと模試の受験料が無料ということで東進の医学部模試を受けてきました。

医系予備校とタッグを組んだとのことです。

 

 

早速感想です。

 

マーク式と記述式の混合で行われるとのことでしたが、解答の半分以上はマーク式でなんだか拍子抜けしました。

 

そして無料だということもあってか問題のクオリティもそれなりな気がしました。

 

"医学部"と冠をつけている以上、頭を捻るような問題が出るものだと期待していたのですが、情報処理能力やその速度を問うているような問題構成でこれまた拍子抜けしました。

 

少しレベルの高い問題を解きたいのなら、同日に東進で行われた北大本番レベルや九大本番レベルを受けた方がマシだったかなと感じました。お金はかかりますが…

 

なお、私が受けに行った試験会場(衛生予備校)では個別ブースで受験させられた(しかも同じ部屋で他の模試も実施されていた)ので、試験の雰囲気を感じながら模試を受けたい方にはオススメできません。

 

Twitterを見る限り、個別ブースではなく大きな教室で実施されていた校舎もあるみたいなので、そこが気になる方はお近くの校舎に連絡してみてください。

 

まとめると、あえて受けるような模試ではありませんでした。

 

無料で模試を受けられる東進生ならば、医学部志望であったとしても、他の冠模試などを受けた方がいいと思います。

 

次は11月にあるみたいですが、もう受けることは無いと思います。

よっぽど暇であれば受けるかもしれませんが。

 

とまあここまで散々な批評をしてきましたが、模試を無料で行うというのは面白い試みだと思います。

 

模試を受けた直後は、

医系予備校と提携して医学部受験生の情報収集をするために実施されたのではないのか、とか

無料で受けられるからこそモチベーションがそんなに上がらず意味なかったな(受験生にあるまじき思考)とか

思ってしまいましたが、他の予備校にない新しい試みを東進が為したことは確かです。

 

そういう挑戦的な姿勢こそが、今の日本に必要なものであるに違いありません。

その調子で頑張りなさい。東進よ。(今回のオチ)